LOHAS 里山

akita-inu


コメントする

室内で飼うための注意点

秋田犬は「ハイテンション」の雰囲気を嫌うようです。幼児の声や小型犬の「キャンキャン」という声にはストレスを感じます。秋田犬と遊んでやる時も力強く、ゆっくりとした接し方を勧めます。つまり、小型犬とは同室では飼わない方が良いと思いますし幼児のおられるご家庭では不向きです。それから、生後四か月にもなると、優先順位を決めようとしますので絶対に人間が寝転んで遊んではいけません。秋田犬の性格を知ることで、毎日、しかめっ面して抑えようとするから、飼い主もストレスを感じるのです。一歩引いてタイミングを待つのも、人間のなせる技だと思います。良い犬になるか悪い犬になるかは、幼犬時代に決まってきます。ですから、飼い主としてはある程度の「覚悟」は必要でしょう。ほめてやる時も可愛く「よしよし」ではなく、「よし」と低い声で力強く抱いてやる。叱るときは、目を睨みつけ、本気で怒っていることを表現してください。この時期を上手く教育できれば、一生涯秋田犬はベストフレンドになってくれます。

広告


1件のコメント

秋田犬の子犬

私の経験と秋田犬保存会の方のアドバイスをもとに、飼い方が難しい、凶暴になったら手が付けられないと恐怖心を抱いてしまう、「秋田犬」と上手く付き合っていく方法をレポートしていきたいと思います。生後45日で我が家に来た「優」この時期は白クマみたいで本当に可愛いものです。ついつい、かまってしまい抱いている時間が長くなります。しかし本来は寝ている時間が長いのが自然です。この時期は寝ているときには、けしてかまわず子犬が求めてくるときに遊んであげましょう。少しの我慢ですがこれが、後々大変なことになるのです。