田舎暮らし

秋田犬

室内で飼うための注意点

コメントする

秋田犬は「ハイテンション」の雰囲気を嫌うようです。幼児の声や小型犬の「キャンキャン」という声にはストレスを感じます。秋田犬と遊んでやる時も力強く、ゆっくりとした接し方を勧めます。つまり、小型犬とは同室では飼わない方が良いと思いますし幼児のおられるご家庭では不向きです。それから、生後四か月にもなると、優先順位を決めようとしますので絶対に人間が寝転んで遊んではいけません。秋田犬の性格を知ることで、毎日、しかめっ面して抑えようとするから、飼い主もストレスを感じるのです。一歩引いてタイミングを待つのも、人間のなせる技だと思います。良い犬になるか悪い犬になるかは、幼犬時代に決まってきます。ですから、飼い主としてはある程度の「覚悟」は必要でしょう。ほめてやる時も可愛く「よしよし」ではなく、「よし」と低い声で力強く抱いてやる。叱るときは、目を睨みつけ、本気で怒っていることを表現してください。この時期を上手く教育できれば、一生涯秋田犬はベストフレンドになってくれます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中