田舎暮らし

秋田犬

失敗しない薪選び

コメントする

アスペンを使い始めたころ、薪の知識がありませんでした。ご覧の通り煙突トップならびに煙突内にもコークス状の危険な物質が付着し、煙突は赤くなり煙は室内に逆流し大騒ぎしたことがありました。原因は薪として建築廃材の「集成材」を燃したことです。知らないことは恐ろしいものです。接着剤が使用されていたのです。現在は教訓として、完全に乾燥した薪を使用することで煙突内は綺麗に保たれ、シーズン中に掃除の必要がありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中