田舎暮らし

秋田犬

生後二カ月頃の注意点

2件のコメント

秋田犬「優」の二か月の写真です。こんな時期もあったのですね。あっという間に大人になった気がします。室内の電源コードの無い場所で、床に落ちている危険物を取り除いてください。離乳食には、カボチャやササミ等をボイルしてドライフード(アイムスをお湯で軟くしたもの)に加えます。つまり「医食同源」です。犬には与えてはいけないネギ類等を除けばほとんどが人と共通しています。この時期は乳歯が鋭くじゃれてくると痛いものですが、「叱る」時には十分注意が必要です。今は三頭で充分に遊んでいますが、一頭のときには子犬が求めているときには遊んであげます。しかし、寝ているときはそっとして構わないことです。

生後二カ月頃の注意点」への2件のフィードバック

  1. アイムスのパピー用ですね
    色々と とても 勉強になります。

    • 長年、アイムスを使用しています。信頼度は大です。子犬時代の栄養は多少異なりますので、アイムスの子犬用を推奨いたします。その後はまた、お尋ねください。「医食同源」です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中