田舎暮らし

秋田犬

秋田犬らしい骨格作り

コメントする

離乳食を始めてから、生後七カ月ころまでの食事で、骨格が決まってしまいます。私は20年前から「アイムス」を主食にこの時期には、牛もも肉、鶏肉、レバー、ヨーグルト、チーズ、カボチャ、卵を加えて与えていました。その頃、秋田犬の白の雌を飼っていましたが、体重37キロ骨格もがっちりしていて雄にも引けを取らない秋田犬に成長しました。成犬になってからでは遅すぎますし不可能です。素晴らしい骨格ができれば、あとは筋肉が付いてきて貫禄ある秋田犬になるはずです。カルシュームと良質なたんぱく質を考慮してください。タマネギやネギ類、香辛料などを除けば、人と同じです。「医食同源」を考えれば病気の頻度も少なく、皮膚病も皆無です。毎日の食事を手作りで秋田犬を管理してください。画像は生後七カ月の「優」です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中