田舎暮らし

秋田犬

熟成四か月の生ハム

1件のコメント

特別飼育のバーク種黒豚の新鮮なももすね肉の生ハム作りを始め四か月です。最後にもう一度燻製をかけ、真空パックで冷凍した一つを頂いてみました。なんとその味、、、、想像以上の出来上がりでした。亜硝酸塩等を使用せず、常にエタノール、ウオッカで消毒を心がけました。燻製の時や乾燥時、そしてチルド室、包装、すべてを消毒しました。生ハムと言っても私はカツオの生節くらいの硬さが好みで、乾燥と燻製に時間をかけました。この色つや味は満足できるものでした。

熟成四か月の生ハム」への1件のフィードバック

  1. この味なら販売できますが、亜硝酸塩を使用していませんので不可能でしょう。まずは新鮮な肉が手に入ることが成功の理由でしょう。そして、すべての工程での消毒です。エタノールとウオッカでしょう。ナイフでそぎ落としながら、ワインやスコッチで頂くと、、、幸せな時間を感じることができます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中