田舎暮らし

秋田犬

ワクチン接種の警告 Warning

2件のコメント

秋田犬「優」そして「舞」…原因不明の「けいれん」や「てんかん」の症状がありました。今思うと…ワクチン接種後…人間でもワクチン接種は、副作用として命にかかわることがあります。一年ごとのワクチン接種は疑問があります。もし…愛犬にワクチン接種後…異常があれば、疑うべきです。必要のないワクチン接種で苦しんでいる犬たちがいます。今回の「優」&「舞」の症状を観察して、確信しました。獣医さんを100%信じてはいけない。そう…医者も同じことです。http://www.nyktakamatsu.com/wakutin.html このサイトを参考にして頂ければ幸いです。まだまだあります…http://www.geocities.jp/fu_makoto/ ワクチン接種で死亡することもあり得ます…間違いだらけの獣医さん…

ワクチン接種の警告 Warning」への2件のフィードバック

  1. ワクチン接種の危険性を経験しました。5種よりも8種の方が危険性が高くなります。獣医さん意見を投稿してください。毎年の接種にロジックはないようです。てんかん…けいれんの症状があれば…ワクチン接種を疑うべきです。

  2.  日本の獣医界は平然と詐欺商法をしています。つまり、正しい情報を提供しないで、都合の悪い情報は隠しています。悪質です。一種の犯罪です。そのことを獣医は認識してないのです。認識していても、儲けるために世の中をだましているのです。

     AAHA(米国動物病院協会)の犬のワクチンのガイドラインによると、

    1 ワクチンを必要以上に接種してはならない。
    ワクチンを必要以上に頻繁に再接種してはならないと、警告しています。
    日本は必要以上に頻繁に再接種している。獣医団体等の関連機関が儲けるために、科学的な警告を無視している。毎年、混合ワクチンの注射を勧める獣医は自分の利益しか考えてない。愛犬の健康は無視しています。。

    2 ワクチンは動物に障害を与えないと言ってはいけない。
    ワクチンは強力な活性を持つ薬剤であり、副作用が発生する可能性があると、警告している。日本の獣医は混合ワクチンは安全ですと、平気でウソを言って、愛犬家を騙しています。

     このご投稿は貴重なので、ブログ「愛犬問題」の本文に採用掲載したいと考えております。ご了解ください。

     米国動物病院協会(AAHA)の犬のワクチンのガイドラインによると、
    不活化ワクチである狂犬病ワクチンは、ワクチンとしての効力が3年は持続する。3年に一回の接種でよいとしている。生ワクチンである混合ワクチンは7年は効力があるとしている。接種義務はない。任意だ。

    1 ワクチンを必要以上に接種してはならない。
    ワクチンを必要以上に頻繁に再接種してはならないと、警告している。
    日本は必要以上に頻繁に再接種している。獣医団体等の関連機関が儲けるために、科学的な警告を無視している。毎年、混合ワクチンの注射を勧める獣医は自分の利益しか考えてない。愛犬の健康を無視している。

    2 ワクチンは動物に障害を与えないと言ってはいけない。
    ワクチンは強力な活性を持つ薬剤であり、副作用が発生する可能性があると、警告している。日本の獣医は混合ワクチンは安全ですと、平気でウソを言って、愛犬家を騙している。

    3 その犬が過去にアナフィラキシ-を起こしたことがわかっているワクチンを再接種してはならない。
    アナフィラキシ-とはアレルギ-反応の大きなもので、死につながるほどの症状のことだ。
    一度、ワクチン注射で体調を崩したことのある愛犬に、再度、注射をすると、アナフィラキシ-でショック死すると、警告しているのだ。
     混合ワクチンを勧めている獣医のHPには、そのようなことは記述されてない。
    混合ワクチンは安全ですと強調しているHPが多い。日本の獣医はずさんな獣医が多い。

    4 不活化ワクチンを生ワクチンの前に投与してはならない。
    すなわち、狂犬病ワクチンを注射したあとで、混合ワクチンを注射すると、混合ワクチンの効果はないとのことだ。日本の獣医は、そんなことにはお構いなく、とにかく注射して儲けることに熱心だ。

    5 妊娠した犬にワクチンを接種してはいけない。親犬が流産したり、胎児がワクチンの病気に感染する可能性があるとのこと。
    このブログ「愛犬問題」にも、ワクチン注射で胎児3匹が死亡したが、獣医は副作用とは認めないとの投稿があった。下記に掲載してある。 

     全部で14項目あるが、紙面の都合で、割愛する。
    自分の愛犬の健康を守るには、アメリカのように、物事を科学的に考えることが正しい生き方だ。日本の獣医界は非科学的だ。利益万能主義だ。愛犬達が泣いている。

     日本もアメリカを見習って、米国動物病院協会( AAHA )のワクチンの副作用に関するガイドラインのような指針を国民に公表すべきだ。なぜ、公表しないのだ。
     日本の獣医界は恥を知らない業界だ。ワクチンには副作用はないと平気でウソをついている悪徳獣医が多すぎる。悪質だ。国民をだましている。儲けることだけに血眼になっている。

     あなたの愛犬の健康も無視している。だまされないことが大切だ。一番の被害を受けるのは愛犬だ。カネの問題ではない。愛犬の健康と長寿の問題だ。

     関連随想

    混合ワクチンで愛犬が死亡や瀕死にとの投稿 混合ワクチン副作用に関する随想集!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中