LOHAS 里山

akita-inu


コメントする

トランス脂肪酸

★ 最新のニュース ★

マーガリンなどに含まれ、取りすぎると心筋梗塞などのリスクを高めるとされる「トランス脂肪酸」について、アメリカのFDA=食品医薬品局は、「安全とは認められない」として使用の規制に乗り出す方針を明らかにし、今後アメリカ国内の加工食品などで使用が禁止されることになりそうです。

トランス脂肪酸は、マーガリンや揚げ物など(ショートニング)に使われる油に比較的多く含まれる脂肪分で、取りすぎると心筋梗塞や動脈硬化の危険性を高めると指摘されています。

このトランス脂肪酸についてアメリカのFDA=食品医薬品局は、7日、最新の科学的な証拠に基づいて検討した結果、「食品への使用が安全とは認められない」として規制に乗り出す方針を明らかにしました。

今後60日間、業界団体などから意見を募ったうえで規制の開始時期など具体的な内容を決めるとしていますが、アメリカ国内の加工食品などへの使用が原則として、禁止されることになりそうです。

FDAは今回の規制で、年間2万件の心臓発作を防ぎ、心臓病による死者が7000人減ると見込んでいます。

アメリカでは、ニューヨーク市などですでにトランス脂肪酸の使用が禁止されているほか、自主的に使用を控える大手ファストフードチェーンなども出ていますが、冷凍の加工食品などには、まだ多く使われています。

広告