Cottage wood castle

akita-inu

田舎暮らし

ロハス LOHAS な 生活を そして スローライフを考えてみませんか。

その定義は、地球環境と人間の健康に優しい生活を意識したライフスタイル。アメリカの社会学者らが、20世紀末、15年間にわたり実施した価値観調査から生まれた言葉で、大量生産、大量消費を良しとする現代主義者への反発から生まれた。例えば物を買う時に「安いから、効率が良いから、ブランド名があるから」という基準で選ぶのではなく、「自分や環境にとって良いか否か」を判断基準にする。また「できるだけ薬に頼らず、健康な食生活や予防医学に関心がある」「人間関係を大切にし、自己実現に力を入れる」などを志向する。

つまり 賢者として生活環境のシフト 物欲の変化と抑制 食生活の重要性 ストレス 健康で暮すことだと思います。歳を重ねると理解できますが、できれば若い時代に悟るべきですね。

バブル時代 儲かって儲かって 物欲も最高潮でした。人生は幻です。そんな今 残りの人生をシフトしています。

 

西側に位置する、峯寺山を早朝に散歩しました。緑の香り、心地よい風、深呼吸の連続でした。 Let’s take a deep breath.

 

【都会で暮らすストレス】

まずは敷地面積が狭く、理想の住宅建設は不可能でしょう。私も長い間、都会生活をしました。お隣さんとの競争、闘争、今思うと「くだらない」事でした。利便性は犠牲になるでしょうが、「なんて人間らしい」生活ができたと思いました。ストレスがない環境は素晴らしいことです。一度は味わって頂きたいと思います。

里山暮らし、セカンドライフでの暮らしはファイナルではありません。嫌になったら売却して次のステージに進めば良いのです。そのためにも売却可能な付加価値をつけておくべきです。

 

【セカンドライフ】

人の価値観はそれぞれです。定年退職後または早期退職された方々が、軽井沢などで第二の人生そう、セカンドライフを始められています。調理が得意であれば、ペンション経営、カフェを営み少しの収入とすれば、これも楽しいものです。そうがむしゃらに稼ぐことはなく、人とのふれあいをなくすことなくセカンドライフを過ごせます。軽井沢や富士山が見える場所は土地単価が高いものです。その点ここ筑波山麓の八郷地区は理想的な場所です。朝日トンネルが完成しつくば学園都市まで25分くらいで行けます。高級なフランス料理店はありませんが、それ以上の贅沢を味わうことができると思います。

 

【里山暮らし 田舎暮らしのconcept】

野菜作りや味噌作り、漬け物、燻製に拘る必要はありません。ただ感じること、深呼吸してください。そして満天の星空を眺め、これからの人生を語ることができるでしょう。

 

【森林浴】

上曽峠~キノコ山~足尾山~加波山付近の尾根道はサイクリングやトレッキングに最高の場所です。

 

 

【自分だけの米作り】

 農家の方から田んぼをお借りして一年分のお米が作れます。小さな面積ですと無理がなく収穫まで可能です。収穫したら天日干しです。そんな経験も人生には必要かもしれません。我々素人は、農業のまねごとに過ぎないでしょうがこのことが、生きて行く「自信」につながるのです。

 

【孟宗竹の贈り物】

ナイフと鋸で花卉や器を作ります。青竹の香りが好きです。一本の孟宗竹は12メートルもあり、かなりな重量です。四月初旬に掘ったタケノコは生食でも灰汁がなくまた、皮ごと炭火で焼いて食べます。もう、何とも言えない美味しさです。

【豊富な山菜】

タケノコは掘りたてを食べ、ノビルは大きなものを酢味噌和えで、菜種の花芽の付いた部分を軽くボイルしてこれは、どんな調理方法にも美味しく頂けます。その他には ミツバ、セリ、タラの芽、ムベの新芽、ワラビ、山フキなど里山を散策していると時間があっという間に過ぎて行きます。

ガーデニング】

イングリッシュガーデンも自分のお気に入りが出来上がります。設計から樹木や花選びは楽しいものです…ご近所のお庭で撮影しました。

コンフリーの花です。この地区では昔、食用や牧草として栽培されていました。イギリスが原産でガーデニングに今なお存在しています。何年か前に若葉を天ぷらで食したことがあります。また里山では、タラの芽、ムベの新芽、アケビ、セリ、ミツバ、ワラビ、ゼンマイ、山ふき、つくし、など旬の野草が食べられます。

 

【里山暮らしの推奨とオーダーメイドの輸入住宅】

都会の生活は、利便性があり何でもそろって手に入れることができます。しかし密集した住宅事情、隣人との小さなストレスの積み重ね。万が一大地震や有事が生じたらパニックになる都会生活に終止符を打つことにしました。50歳を過ぎて石岡市八郷地区に1000坪の土地を購入し移住しました。それから家を建てるのにログハウスを何社か検討しましたが、強度に優れた2x4で自由設計の木造の家に決定しました。100%の満足感を追求する、リンダルシーダーホームジャパンの輸入住宅を推奨します。http://www.lindaljapan.com/

 

 私が、この地「石岡市八郷地区」の里山暮らしをするようになり九年が経ちます。この地を推奨していきたい理由を挙げてみます。ストレスのない田舎暮らしの毎日は最高です。イノシシは庭に出没し、キツツキや大型の鷲、メジロ、鶯、様々な里山の動植物と共存しているようです。聞こえてくるのは鳥の声と虫の声。特に、これと云った観光施設はありませんが、静かで何もない所が良いと思います。 It’s great not to have anything.

 

【私のライフスタイル】

里山暮らしは良いものです。都会生活で忘れていたことを実感できます。人間本来の毎日です。しかし移住するには決断が要りますが、私は歳を重ね体が思うようにいかなくなった時は再び都会に移住するかもしれません。つまり自分のライフスタイルにあわせて土地や家を選んでいくことでしょう。理想の土地探しの楽しさや住宅建築設計の楽しさを味わいました。人生において、この過程が大事だと思います。飽きてしまったり、また必要に応じて不動産は売却し、次の私たちの楽園を探します。「一生涯ここで」 と思うと疲れます。私にとって里山暮らしも人生の一過程です。人生の瞬間、瞬間を楽しんでいきたいと思います。

そして「拘りながら、拘らない」 不動産は売却価値がなければ意味がありません。私は設計や住宅建設の過程を楽しみ、そして売却できる不動産を所有すべきだと思いますし、けして所有することには拘りません。それよりも自分の人生をどう生きるかです。 里山暮らしを人生の一過程におき、付加価値のある土地選びならびに住宅建築を選択するならば、それは負債ではなく資産となるでしょう。

人口密度が低く比較的平野が多いのでビジュアル面で開放感がありますし、空気が美味く夜には満天の星空を仰げます。
移住してまず感じたことは、「空気が美味い」つまり、排気ガス等の臭いがしないのです。都内を歩いていると鼻の中が黒くなることがありますが、空気が汚れていることが良く理解できます。

筑波山をはじめ峯寺山、足尾山、キノコ山、加波山に囲まれロケーションが良い。
筑波山は、山頂に立つのもよし、麓から眺めるのも良いものです。また、上曽峠付近から加波山まで頂上を走る道路は、森林浴をしながら眼下の景色を探訪しながらのトレッキングに最適です。

八郷地区周辺で栽培される「米」は湧水を利用していてかなり美味しい米が収穫されます。


 

 【炭焼き】

炭焼きするために伐採をするのではなく、雑木林を伐採して放置された広葉樹を炭にして役立てます。ドラム缶でできます。

ここ八郷地区では農家の方から収穫したばかりの玄米コシヒカリを分けて頂くのですが、味の違いに驚いています。特に山麓の田んぼで栽培されたコシヒカリは最高に美味しいものです。

畑で野菜作りは、小さな面積で行った方が良いと思います。有機肥料での栽培は面白いと思いますし、味が違います。しかし慣れない私たちは小さい面積から始めた方が賢明です。なぜなら、草取りが大変なのです。

緑肥農法

化学肥料を使用しない農法の一つで、牧草や雑草を堆肥にせず土に混ぜて行きます。この地で友人となった彼の作る野菜類は味も良く安心して食べる事ができます。化学肥料や農薬を使用した野菜やお米は、大量生産で安く提供してくれますが、ロハスの定義には反しています。緑肥農法は、オーガニックとも異なります。なぜなら、堆肥には多くの化学物質が、畜産の牛や豚や鶏には使用されているからです。大量生産の家畜の堆肥から野菜へと最後は人の口へと入るわけです。つまり、安い食材を買い求めていると、こんなことになってしまうのです。

アクセスの良さは、常磐高速「千代田石岡」「土浦北」から約25分で渋滞はありません。
北関東道路「笠間西」からも15分、二年後には朝日峠のトンネルが完成しますと、筑波学園都市から30分です。今年三月開港の「茨城空港」まで40分、まだ国際便、国内便、二便しかありませんが、来春にはベトナム直行便と少しづつ増便が期待できます。

【板敷山からの着地の瞬間】

パラグライダー、ハングライダーのメッカとして有名でこの地で国際大会が開催されます。
悪天候の日以外は、毎日見ることのできる光景です。離陸や着地の様子も見ることができとくに、離陸場所からの景色や離陸する機体は、シャッターを切らずにはいられません。体験フライトは、高度300~400メートルで約10分間できます。


四輪駆動の軽トラ

荷台の適度な大きさ駆動力の良さ、そして維持費が安く里山暮らしにはお勧めです。雪道では驚くほど発揮してくれ狩猟期間も活躍してくれます。

 

【秋田犬と暮らす】

もちろん放し飼いはできませんが、ドッグランを作るだけの土地面積は確保できます。二頭を連れての早朝の散歩は私も犬たちも満足しています。

 

【薪ストーブのある生活】

暖かい冬場を約束してくれる薪ストーブですが設置には少しの決断が必要です。薪の調達や煙突掃除、本体のメンテナンス等しかし、10月末~4月初旬までは活躍してくれますので苦にはなりません。しかも薪割りは運動になりますしメンテナンスも自分でできるようになります。

 

DSC_0521

薪割りやチェーンソーでの伐採作業も自分でできるようになりました。もちろん初めての経験でしたが田舎暮らしには必要な作業です。

 

 薪の収集方法 】

お金を出して薪を購入するのであれば、ハイコストパフォーマンスになるでしょうし、せっかくの里山暮らしも台無しです。そこで私は、シイタケ栽培の方が山の地上権を買いクヌギなどを伐採します。しかし大きいものは使用せずそのままになっているのです。お掃除を兼ねて大きなものを頂いています。そのほかに、山を切り開くときに出る雑木を頂きます。重労働ですが、無駄なく使用できて地球にも優しく循環していると思います。それには、地元の方との信頼関係が必要です。

 

ケヤキを40センチに切断して積み上げました。意外に重いチェーンソーですが里山暮らしで腰の調子も良くなりました。

 

薪ストーブの煙突掃除も一年目は専門家にお願いしましたが、二年目からは体力もつき自分でできるようになりました。里山暮らしを始め歩くことが多くなり体も軽くなった気がします。

薪ストーブの比較的簡単なメンテナンスもできるようになりました。今期は耐火レンガの交換です。

【キノコの菌を埋め込みます】

クヌギやナラにはシイタケを山桜には、ナメコをそしてケヤキにはヒラタケの菌を埋め込みます。ナメコは三年くらいで終わりますが、ヒラタケは四、五年収穫できます。ドリルで穴をあけ市販の菌を入れるだけで忘れたころにバケツ一杯収穫できます。やはり収穫してすぐは美味しいものです。

 

ようやく2012年11月末日に、ヒラタケを確認…香りが良く歯ごたえもあり美味しく頂きました

 

DSC_0430

【屋外調理の醍醐味とダッチオーブン】

 

ロッジ製のグリルでやさと軍鶏を焼きました。軍鶏肉は本当に美味しく感動です。スキヤキにしても唐揚げや焼き鳥で味が濃いのでスープのだしにもお勧めです。

 狩猟 ハンティングのLogic 】

一羽のキジやキジバトを散弾銃で撃ち落とし、解体して食しました。子供のころ親父の指示で飼っていた鶏の首を切り落とし解体した経験があります。涙した記憶が鮮明ですが、45年たった今、命の大切さや感謝の気持ちが養われていると感じています。スーパーで買い求める豚肉や牛肉の切り身は、そこまでの役割をしてくれる方々がおられるからこそ、私達は憎悪感もなく平気で食することが出来るのです。自分の手で動物の命を絶ち食すれば、感謝と無駄にしてはいけないことを学べるでしょう。

イノシシ猟を業とされる方もおられますが、ハンティングはスポーツでありまた、有害駆除のミッションも不可欠です。

 ハンティングは近場で可能ですし、射撃場へも短時間で通えます。
筑波射撃場、県営笠間射撃場、SKB友部射撃場へは車で40分くらいです。ハンティングは、イノシシ猟やキジバト、キジ、コジュケイ等が多く生息しており比較的安全に狩猟が行えます。

 

私の使用銃はレミントン870マリーンで、日本で許可される最も銃身の短いものですが、ハンティングの際ブッシュの中を動き回るには最適で自動銃より安全で回転不良がありません。マグナム弾も装填できる3インチの薬室です。さらに錆にくい塗装がよいですね。また全国の狩猟人口が激減し、高齢化しております。この八郷地区も例外ではありません。有害駆除は必要不可欠なミッションです。是非とも八郷地区で狩猟にご参加ください。

 

 

【ウインチェスターm1300】

ライフリング付のサボット専用銃です…最大射程距離200m 大物専用です。射撃や狩猟で使用後は、分解清掃が必要です。

 

DSC_0564

【スポーツとしての射撃】

トラップ、スキート射撃はグループを作ることなく一人で自由な時間にプレーできます。日本では警察による取り締まり強化で射撃人口も減少傾向ですが、2011年にはオーストラリア、アメリカでは銃の輸入も含め射撃が人気のようです。私は銃火器の安全な取り扱い方を学んでおく必要があると思います。トラップ射撃を2Rもすれば、集中力、筋力を鍛えられます。

プレチャージ式のエアーライフルは、200気圧で最大有効射程距離が80メートルと散弾銃よりも強力です。22口径ですから鳥類全般には有効ですし発射音も小さくまた、ゲームの確認ができ誤射がありません。しかしゲームをじっと待つ狩猟方法です。

 

農協の直売所で購入できる野菜類、果物類は新鮮でおいしく、特産の「やさと納豆」は特にお勧めの食品です。
私も納豆好きですが、「やさと納豆」が一番だと思います。これに「小ネギ」をたくさん刻み混ぜ合わせると、これが美味いのです。新鮮なウコッケイの卵が都会よりも安く手に入りますので、納豆やスキヤキに贅沢に使用できます。

 

八郷のお米はお勧めです。そして八郷の軍鶏のささみの燻製やモモ肉、胸肉は坂本竜馬が好んだだけあり、深い味があり、「食べてみんといかんぜよ」 塩味だけで焼くのが私流ですが、一味も二味も違う食材です。

数多くのゴルフ場が点在しています。
八郷地区をはじめ、笠間市に近接した、吾ヶ国山周辺。最高のロケーションでプレイできます。

一週間程度のロングステイで里山で暮してみてください…何かが発見できると思います。 

 

 

 

 

 


広告