田舎暮らし

秋田犬


コメントする

コンセーブ

DSC_0086

コンセーブに変えて一週間に一度の発作に改善し発作の強度はかなり軽減しました。

ただ嘔吐することがありますし回復までに時間がかかります。

フェノバールと臭化カリウムよりは良い結果ですが、しばらくは見守るしかありません。

心配していた食欲も改善しています。


コメントする

抗てんかん薬 コンセーブ

DSC_0335-1

四年目に突入した、てんかん発作。

フェノバールと臭化カリウムの組み合わせは、ほぼ毎日発作を確認。

2016年1月15日より コンセーブ100mgに切り替えた。以前処方した際には食欲がなくなったが、発作のスパンや強さが軽減できれば、何とかなると思う。

優 頑張ってほしい。


コメントする

抗てんかん薬 フェノバール

DSC_0211

発作が始まって三年経過 現在フェノバール60mgと臭化カリウム200mgを一日二回投与しています。つまり一日フェノバール120mgと臭化カリウム400mgです。

薬の量が増えていることに不安を感じます。

獣医師もさじを投げたようで、大きな病院でMRI検査をしてください。と言われました。

小刻みな震えが多く確認できますが食欲はあります。このことは私にとって救いです。

コンセーブに切り替えたころは食欲が全くありませんでしたが、個体差があるのは承知しています。

発作は頻繁ですが、非常に軽くはなっていてベッドから落ちることはなくなりました。

ここ一年は記録を付けていますが、震えを記録したのは臭化カリウムを追加してからのように記憶しています。

昨日から臭化カリウムを一日200mgにしました。なぜなら(飼い主)私が処方を考えなければならないのです。

 


コメントする

秋田犬 てんかん発作 ②

DSC_0211

投薬を始めて三ヶ月…先月は良くなかった。自己判断でフェノバール30mgを一日二回にしてみた。低気圧も関係あるようだが、発作の強度は震度2くらいに治まったがスパンが短い。

また皮膚の状態も芳しくなく、悪化しているように思える。食欲があるのは嬉しい。以前はあまり食べなかった。


コメントする

秋田犬「優」

「てんかん」症状が出始めて一年が経過しようとしています。発作の五分間…「優」を抱きしめて、体をさすりながらじっと待つしかありません。悪夢のような五分間です…食事療法の副作用の皮膚疾患もかなり改善して毛並みが良くなってきました。今では「発作が起きたらどうしよう」ではなく、起こる事は受け入れて「優」の負担を最小限にしようと心に決めました。発作後はかなり体力を消耗しますので、牛肉を中心に与えています、もちろんカボチャやサツマイモを加えています。また「優」のことで貴重なコメントを頂きましたことを感謝いたします…ありがとうございます。

DSC_0568


2件のコメント

秋田犬「優」の食事療法

昨年7月のワクチン接種が原因で、てんかん症状を繰り返した「優」、私の自己責任の上食事療法を試みています。(動物病院に行けば、薬、注射…あんたのせいだけど立証はできない虚しさ) まず、てんかんに有効とされている…脂質を多量に与えました、しかし副作用で皮膚に疾患が生じてしまいました。そこで、VCOを与えていましたが、オレイン酸が多量の含まれていてそのことが、皮膚疾患を悪化させてしまったようです。今回は、脳細胞に良い糖質(蜂蜜) ヨーグルト、ビール酵母(亜鉛 マグネシューム、ビタミンB群) ビタミンE、さらに北海道から取り寄せたラム肉、白米(つまりご飯です)…首周りから少し毛が生えてきています、これは皮膚疾患が改善していると思います。ワクチン接種で辛い思いをさせてしまった「優」、私の責任だと思います。しかし、必ず私が本来の秋田犬「優」にリカバリーする。

DSC_0268